訪れたい寺院

賀集山 護国寺

 

平安初期 開祖は行教上人。明治の神仏分離以前は賀集八幡宮の神宮寺であった。

 

淡路守護細川氏の庇護を受けていたが至徳3年(1386年)の火災で焼失。

 

寛永8年(1631年)に再興された。

 

本尊の大日如来坐像は平安時代後期の作とされ、国の重要文化財に指定される。

 

近世においては阿波蜂須賀家の庇護を受け栄える。

 

本地堂には平安後期作の阿弥陀如来坐像などが鎮座。

 

池泉回遊式庭園は南あわじ市指定文化財。見てみたいスポットである。

 

本尊のほかに布袋尊を安置し、淡路の七福神霊場会の1つ。金運のご利益があるとされる。

 

兵庫県南あわじ市賀集八幡7320799-54-0259

高見山 真観寺

 

淡路島の南端、灘の土生にある。太平洋を一望する景色は見事。

 

奈良時代初期に創建された淡路島有数の古刹。

 

諭鶴羽山地を背に太平洋を一望する高台にあり、四国、和歌山、国産みの島・沼島を望む。

 

本尊は阿弥陀如来。観音堂には観音菩薩。淡路13仏霊場の5番で地蔵菩薩も祀る。

 

兵庫県南あわじ市灘土生1470799-56-0352